ふしみ広場+(プラス)FUSHIMI HIROBA PLUS

  • Twitter
  • Facebook

ニュース

2019年8月6日

お手軽便利な自転車レンタル「シェアサイクルPIPPA!」体験しました!

ふしみ広場+にシェアサイクルのポートが出来ました!

「シェアサイクルって何?」という方も多いと思います。
シェアサイクルとは自転車を借りれるサービスの事です。
「レンタサイクルとどう違うの?」
レンタサイクルはレンタサイクル屋さんまで行って自転車を借り、使い終わったらレンタサイクル屋さんに返却するサービスですが、シェアサイクルはあちこちにあるポートに置いてある自転車を好きなタイミングで借り、好きな場所のポートに返却するサービスで、いちいちお店に行かなくても、都合の良い場所のポートで借りれたり返却できたりできるという便利な自転車レンタルサービスです。

「なんだか難しそう…」と思ったでしょ?安心してください。全然簡単、超便利なんです!
今回は、伏見 力の湯の看板娘・平松さんと蔵田さんにシェアサイクルを実際に体験して頂きましたので、シェアサイクルの使い方などぜひご参考にしてくださいませ♪


■シェアサイクルPIPPA!体験隊■

今回は、力の湯からスタートして、途中伏見稲荷にお参りして、京都駅までのコースをシェアサイクルでサイクリングしてみます。
まずは力の湯の建物裏にあります自転車置き場(ポート)へ。
必要なものは、スマホとクレジットカードのみで、登録してすぐシェアサイクルを使う事ができます。
ポートに掲示してあるQRコードをスマホで読み取って、アプリをダウンロードします。
そのアプリを開いてお名前・性別などを入力し、メニューから「料金の支払い」を選んでクレジットカード情報を入力。希望金額をアプリにチャージすれば、あとは自転車にスマホをかざして画面の「タッチ開錠」をタッチするだけ。
カシャンッ!と自動で自転車の鍵が開きます。おぉ~、すごい♪


さっそく自転車にまたがり走らせてみます。
乗り心地は普通の自転車と全く変わりなく、前カゴも付いているので荷物も載せられます。
心地良い風を受けながら鴨川沿いをのんびりサイクリング。


距離にして約2.8キロ、時間にして約15分ほどで伏見稲荷大社に到着。
自転車置き場に自転車を置き鍵をかけると、スマホの画面に「一時駐輪ですか?」と確認のメッセージが現れるのでOKを選択。
そのまま自転車を置いてお稲荷さんにお参りに。


お参りを終えて自転車に戻ってきたら、スマホをかざしてタッチ開錠をタッチするとまた自動で鍵が開きます。
再び自転車にまたがって京都駅へ走らせます。
距離にして約3キロ、時間にして約15分ほどで京都駅八条口に到着。
駅前のイオン横にポートがあるので、そこに返却。


返却時も鍵をかけてスマホの画面の終了をタッチするだけの簡単返却。
都合の良い場所のポートに乗り捨てができるのが非常に便利です。(ポート以外で乗り捨てようとしても終了できない仕組みなのです)
料金はなんと、30分108円! メチャメチャ安い!
他にも1ヶ月1,620円の月額料金で、1日30分以内の利用が無料で1ヶ月乗り放題というプランもありますので、何度も使う方にはさらにお得です。

 

■実際にシェアサイクルを体験してみての感想を、平松さんと蔵田さんに聞いてみました。
「最初はなんか複雑で難しいイメージを持っていたんですけど、実際使ってみたら、最初の登録さえしてしまえばいつでもすぐに使えるし、自転車の乗り心地は普通に良いし、スタートから終了までスマホでピッてするだけなので超簡単ですごく便利だと感じました。学校の近くのポートから力の湯まで通勤に使おうかなとか真剣に考えてます。」
「ポートに停めてある自転車を、スマホでピッと操作するだけで勝手に乗れて、行先の近くのポートに乗り捨てできるというのはホントに便利だと思いました。シェアサイクルで京都観光をしたり、力の湯から近隣の観光名所に遊びに行って、力の湯に戻ってきてお風呂で汗を流すとか面白そうですよね。伏見稲荷にも京都駅にもポートはありましたし、これからもっとポートが増えるでしょうから益々便利になりそうですね。」

さぁ皆様、ピッとスマホを操作して、パッと便利に乗れるPIPPA!(ピッパ)のシェアサイクルを、ぜひご利用ください♪♪♪

詳しくはPIPPA!のホームページをご覧くださいませ。

運営会社広報窓口