ふしみ広場+(プラス)FUSHIMI HIROBA PLUS

  • Twitter
  • Facebook

ニュース

2018年10月10日

力の湯の露天風呂は『美人の湯』&『家族の湯』

伏見力の湯の露天風呂の源泉である能勢アートレイク温泉は、関西では珍しいph値(水素イオン濃度)9.9のアルカリ性単純温泉。
このくらいのアルカリ性だと入浴するとお肌にぬめりを感じます。アルカリ性の泉質は、肌を柔らか
くし、お肌の余分な角質や毛穴の汚れを溶かす効果があります。この効果が新たなお肌の角質成分を促進し、お肌をつるつるに透き通るような白さを作るのです。ただし、アルカリ性の泉質に入浴する際は、入浴後のケアが大切。一時的に保護組織である角質成分が無くなっているのでお肌がとても乾燥しやすくなります。

入浴後には是非保湿化粧水などでお肌を保護してあげてください。
そして力の湯の露天風呂は『家族の湯』でもあります。単純泉とは、効能表記ができるほどの成分が湯に溶け込んでないということ。力の湯の温泉は特定の病気を治したり、改善したりする効果効能を表記していません。しかしそれは強い効能のある成分が溶け込んでいない『優しい』泉質という事が言えます。
沢山のミネラル分が溶け込んでいる温泉は浴感が強く、入浴した時の満足感も強いのですが、『湯あたり』しやすいという一面もあります。特に小さなお子様やお年寄りは入浴の際には十分な注意が必要です。その点でいうと単純泉である力の湯は、誰もがゆっくり浸かれる優しい温泉と言えるのです。

一言で温泉と言ってもどの温泉も特色があり、特色に従って入浴方法があります。是非、力の湯以外の
温泉成分についても調べてみてください。

運営会社