ふしみ広場+(プラス)FUSHIMI HIROBA PLUS

  • Twitter
  • Facebook

ニュース

2018年11月6日

「田んぼラグビー米」の収穫体験に行ってきました!

向島に広がる巨椋池干拓地の広大な田んぼ。
そこで6月に田んぼラグビー大会が開催されました。
その田んぼで育った稲が収穫の時期を迎え、11月4日(日)に「田んぼラグビー米」の稲刈り体験イベントが行われました。

お子様連れのご家族や大学生、ご夫婦など沢山の参加者の皆様にお集まりいただきました。
今年は猛暑や豪雨、地震や台風など自然災害の影響で、周辺の収穫は例年に比べ2~3割減っているそうですが、田んぼラグビー米は無事に元気に育ってくれたそうです。
鎌の扱い方や稲の刈り方を教えていただき、いよいよ稲刈り体験が始まりました。


大きく元気に育った稲を、刈って束ねて、刈って束ねて…なかなか大変な作業です。お子様達も一所懸命刈ってくれました。いつも当たり前に口にしているお米も、こうやって実って、収穫して私たちの元に届いているというのが実感できる良い機会ですね。


疲れてきたちょうどその頃、餅つきの準備が整い、一旦手を休めて餅つき大会が始まりました。


実はこの餅のもち米も、この田んぼで予め収穫されたばかりのもち米で、特別栽培された古代米を含んだ特製のお餅です。
つきたての特製お餅は、格別に美味しい!!


さらに、お子様達にコンバインの試乗体験もしてくださいました。大きなコンバインを操縦できる貴重なチャンスに、お子様たちは大喜び♪


収穫が終わった田んぼでは、ミニラグビーが始まりました。元気に走り回るお子様達。来年の6月にはここで第二回目となる田んぼラグビー大会が開催されるそうなので、お子様達の活躍が今から楽しみです。


そうこうしているうちに、あっという間にお昼の時間。
広い田んぼでお弁当を食べて、午後からも稲刈りを頑張りました。

盛り沢山の内容で楽しい一日となった稲刈り体験。
今日収穫したお米は、精米されて間もなくじねんと市場に並びます。
農薬や化学肥料を大幅に抑えた特別栽培の「田んぼラグビー米」をぜひお召し上がりくださいませ♪
また、来年6月の「田んぼラグビー大会」、そして秋の「稲刈り体験」にもぜひご参加いただき、楽しくて貴重な体験を皆様でお楽しみください☆

運営会社