ふしみ広場+(プラス)FUSHIMI HIROBA PLUS

  • Twitter
  • Facebook

ニュース

2018年6月26日

ふしみ広場体験隊 小学生フットサルスクール編

ふしみ広場+の様々な店舗を体験してご紹介する「ふしみ広場体験隊」。力の湯のFacebookで連載しておりましたが、今回から「ふしみ広場+のスタッフブログ」にお引越しして連載致しますのでどうぞよろしくお願いします!

 

毎週金曜日にフットサルスクエア横大路で、小学生を対象にしたフットサルスクールを開催しており、随時体験を受付ております。

今回、低学年のクラスを体験していただくのは、サッカー大好き小学1年生のコーシロー君。

あらかじめ予約を入れて、受付で手続きを済ませ、ママと一緒にいざコートへ。

まずはコーチからみんなに紹介。体験参加はいつも受付けているので、初めての参加でも周りのみんなは慣れたもの。

スタートは「鬼ごっこ」から。

最初はボールを使わず、ゼッケンを取り合う鬼ごっこ。初心者でボールにまだ慣れていない子でも、あっという間にみんなの輪に入って走りまくりです。コーチも一緒になって盛り上がります。

次はいよいよボールを使った練習。まずはコーチが実際にやってみせて教えてくれます。

ボールを受け取ったら、向きを変えて向こうの仲間にパス!

サッカーやフットサルの基本を、丁寧に教えてくれます。

仲間同士でパス練習する際にも、コーチは一人一人に声を掛けるのですが、すごく褒め上手というか乗せ上手な声の掛け方で、子供達のテンションも上がります。右利き左利き、体格の良い子、小さい子、それぞれの子に合わせたきめ細かい指導はさすがです。

こまめに水分補給や休憩も入れて、安全面にもしっかり気を配っていました。

そしてコーシロー君が大好きなシュート練習。

パスを受けてシュート!ゴーーール!!

いよいよお待ちかねのミニゲーム。

まずはコーチから、さっき練習した事の復習と注意事項の説明。

お互いに握手してキックオフ!

初めて参加のコーシロー君も、すぐに打ち解けてみんなと笑顔でボールを追いかけていました。最初はパスを回してもらるのかとか、仲間はずれにされないかとか心配でしたが、同じサッカー大好きな小学生同士、全く心配無用でした。コーチも「特定の仲間ばかりではなく、初めての会う子も含めてみんなで楽しむ」事を繰り返し教えているそうです。

低学年なので戦術なんかはありませんが、ボールを追いかけて、ボールを奪って、ドリブルをして、パスをして、チャンスにはシュート。一人一人が懸命に走って、追いかけている姿はちょっと感動です(笑)。

あっという間の70分のレッスンでした。最後はみんな集まってお互いを健闘する拍手で締めました。

始まる前は緊張気味だったコーシロー君も、キラキラの笑顔で「楽しかった!またやりたい!!」と感想をくれました。

 

サッカースクールやフットサルスクールは沢山あると思いますが、フットサルスクエアのジュニアスクールはコーチが素晴らしいと感じました。

初めてのコーシロー君にも、「コーシロー、行け行け!シュート!」「ほらコーシロー、パスパス!」と名前を呼んで声をかけてくれたり、細かく目を配って褒めたり、励ましたり、親しみやすく頼りになるコーチでした。

実は途中、ヘソを曲げて皆の輪から外れてスネてしまった子がいたのですが、どんな魔法を使ったのか、なんとゲームが始まる頃には輪に戻ってきて、笑顔で皆とボールを追いかけていました。

 

ちょうど今、ロシアでサッカーのワールドカップが開催されています。これを機にサッカーに興味を示すお子様も多いかと思います。

そんなお子様に、最高の環境で楽しくボールに触れあえるフットサルスクエア横大路のジュニアスクールはいかがでしょうか?

もしかしたら未来の日本代表が、このコートから生まれるかもしれませんね♪

 

見学や体験は大歓迎だそうですので、ぜひお子様を連れてお気軽にどうぞ。

詳しくはフットサルスクエア京都南のホームページをご覧くださいませ。

http://2036.jp/

ジュニアスクールのページ

http://2036.jp/school-junior/

 

運営会社